お薦め

洋風の披露宴

もはや最近では和風よりも洋風の方が主流の披露宴ですが、やはり女性としては人生に一度はウエディングドレスを着てみたいという願望がありますよね。
こういう時でないとなかなか着る機会もありませんし、お色直しにカラードレスも披露できるとなると、定番であっても洋風の披露宴にこだわりたいと思う人が多いのもうなずけます。
華やかな雰囲気で料理や小物もオシャレなもので統一し、キャンドルサービスやケーキカットといった演出にも憧れがあることでしょう。

洋風の披露宴であれば新郎新婦はタキシードとドレスで、まさに王子様とお姫様の気分です。
そのドレスをキレイにまとうため、当日に向けてエステやダイエットにいそしむ新婦さんも多いはず。
そして当日は本当に輝かしくて美しい花嫁さんとなり、見ているだけでも幸せになれます。

そんなドレス姿が映えるような会場もキレイなお花で埋め尽くされ、テーブルには美味しい料理のフルコースです。
ゲストの方達も素敵な空間で料理を口にすることが出来、心もお腹も満足してもらえるというのもいいですよね。
その他にもフラワーシャワーやブーケトス、ファーストバイト、余興もカラオケやゲームなど、洋風の披露宴とはとても華やかな演出が多いのも特徴の1つです。

また披露宴を作っていくにあたっても、和風よりも洋風の方が作りやすいという点もあります。
私達は日本人ですが、普段は洋服を身につけ洋食にも抵抗はなく、馴染みのある音楽もあまり「和」のテイストのものは多くない気がしますし、日本の花の種類と言われてもピンとこないものです。
披露宴に使うBGMや要所要所に飾るお花、料理の内容、ケーキ、引き出物等々、洋風で統一する方が馴染みがあり、イメージしやすいと思いませんか?
お色直しもしやすく、披露宴のあとも二次会三次会へと洋風のテイストで臨んで行きやすいですし、余興等も難しく考える必要がないので、自分達の思い描く披露宴が作りやすいでしょう。
また、洋風の披露宴であっても、着物(和装)を着用してはいけないということはないですし、もちろんゲストにも着物が NGなんてことはありません。
結婚披露宴後の二次会にも最低限のマナーhttp://vincentvincentandthevillains.com/wd05.htmlはあるので、羽目を外しすぎないようにしましょう。

洋風の披露宴でも和を取り入れることは難しいことではないので、自由な発想でオリジナリティー溢れる披露宴が出来るのではないでしょうか。
他にも、このようにたくさんの披露宴の種類があります。