お薦め

和風の披露宴

最近、和風の披露宴に憧れる日本人女性が増えてきているらしいのですが、どういった部分が人気なのでしょうか。

最近の結婚式や披露宴のスタイルと言えば、新婦さんはウエディングドレスを着て、新郎さんはタキシード、教会で式を挙げ、ガーデンパーティーなんていう流れも多いですよね。
キャンドルサービスやケーキ入刀、ファーストバイトなど、披露宴のイベントも洋風スタイルがほとんどです。
しかし、インテリアや雑貨などでも和風テイストが見直される中、ウエディング事情も和風の新鮮さに注目している傾向があります。

一昔前は、結婚式といえば神社などで白無垢を来た花嫁さんと共に参列者も列をなし、三三九度などを行なうというような厳かなものでした。
自宅や料亭で親族を中心に集まり会食をするというのが披露宴の代わりといったとこでしょうか。
しかし、今時の「和風な披露宴」はここまで厳かでマナーを重んじるものは少なく、洋風のスタイルで披露宴をすすめていく中で和風テイストを入れこんでいく方法が多いです。

例えば着物を着る時でも、洋風のヘアスタイルのまま小物を少し変えるだけでOKだったり、鬘を着用するような時でもその鬘は真っ黒ではなく少し茶髪の混じったものも多く用意されているので、
今風のメイクでも鬘だけが浮いて見えないような工夫がされています。
和風の披露宴であっても、畳で正座することもなく普通の披露宴会場で椅子とテーブルで行われ、そんなにかしこまったものにならないような工夫もされています。

このように、難しく考えなくても気軽な気持ちで和風の披露宴を執り行うことが出来るのも魅力ですし、洋風の披露宴が主流になっている今、こういった和風テイストのものはとても新鮮で、
親世代や祖父母にとっても大変喜ばれますし、参列者にとっても今まで出席した披露宴とは違うという印象を持ってもらえることも多いでしょう。

和風の披露宴では定番の鏡開きも他では滅多に見ることが出来ませんし、日本人ならではのスタイルで披露宴をすることはすごく魅力的で
「やっぱり、日本人っていいな」と良さを再認識することになるでしょう。
和紙を使った招待状や席次表、筆で書いた席札、引き出物に和食器や引き菓子に金平糖などなど、あらゆる部分に和のテイストを取り入れると素敵ですね。
結婚披露宴の記念品解説サイトが、参考になるかと思います。

こういった時でないとなかなか着ることのできない、白無垢や内掛けにも憧れる人は多いです。
ちょっとした親孝行として選ぶ人も少なくありません。
他とはちょっと違った披露宴をしてみたい人に、ぜひおすすめしたいスタイルですね。