お薦め

結婚式・披露宴の受付係りの選び方

結婚式や披露宴をするにあたって、新郎新婦の友人知人や親族にお願いすることが出てきます。
特に披露宴ではスピーチや余興など、宴を楽しく盛り上げるためにも自分達以外の人に依頼しなければならないこともありますよね。

自分達以外に依頼してやってもらうことの中でも、比較的依頼しやすいというイメージがあるのが受付係でしょうか。
しかし、式や披露宴の最初の部分ですから、仲の良い、信頼できる人にお願いしたいところです。
そこで、受付係の選び方についていくつかのポイントをあげてみます。

まず、受付係は新郎側と新婦側からだいたい2~3名ずつでしてもらい、新郎側は男性で新婦側は女性がしていることが多いです。
友人に限らず身内だったり兄弟にお願いすることも珍しくはありません。
当日は多くの招待客が訪れるため、仮に一人だと不安にさせてしまったり、少し受付から離れることも難しくなってしまうので、やはり複数名にしてもらうのが良いでしょう。
仲の良い友人同士であれば問題もさしてなく、仮にその時が初対面であったとしても仲良くなれるきっかけにもなりますので大丈夫です。

そして、受付をお願いするのならば、通常の受付開始時刻よりも早めに来てもらい、説明や準備も多少必要になりますので遠方から来る人よりも近場の人にお願いする方が無難でしょう。
受付開始時刻になっても姿が見えないというような事態を避けるためにも、複数かつ近場の人で時間にルーズではない人の選出を心がけると良いのではないでしょうか。

そして、親しくて頼みやすい友人であれば、スピーチや余興などをお願いすることもあるかもしれません。
しかし特定の友人にあれもこれもと負担をかけることがないように配慮しましょう。
受付係を引き受けてもらうなら、披露宴はゆっくり楽しんでもらえるようにしてあげたいですね。

また、依頼するにあたり事前にきちんとお願いし、招待状にも一言添え通常の記載された時間よりも少し早めの時間や場所を伝えておくことも大事です。
前日には「明日はよろしくお願いします」と一言確認を入れておくのもよいですね。
当日は早い時間からお手伝いをしてもらうことになりますので、披露宴後には感謝の気持ちとお礼を渡しましょう。