お薦め

結婚式・披露宴招待状の文面

最近では、結婚式や披露宴の招待状をホテルや式場に頼まず自分達でオリジナリティー溢れるものを手作りする人が増えています。手元にパソコンがある時代ですし、
業者に頼んで作ってもらうよりも温かみのあるものを作りたいという人が多いようです。
そこで自分達の手で招待状を作る際に気を付けたいポイントや文面の作り方について調べてみました。

招待状には、新郎新婦本人の名義で出す場合と、両家の父親の名義で出す場合の二種類があります。
まずはここをきちんと決めておきましょう。
両家の父親に確認の上どちらかにすることを決めてくださいね。
ここ最近では本人の名義で招待状を送ることが増えていますが、必ず了解を得てから作成することをお勧めします。

文面の内容ですが、「謹啓」「敬具」というように、始めと終わりに入れるとより丁寧な文面に仕上がりますが、必ず入れないといけないわけではありません。
「謹啓」の次には季節柄の文章をいれます(例:新緑が眩しい季節となりました・・・等)。
そして、本人の名義であれば(例:このたび私達は・・・)のような文章を入れます。
招待状では句読点を付けないので気を付けてください。
最後に「敬具」で締め、日付(20〇〇年〇月吉日)と本人達の名義を入れます。

両家の父親名義で出す場合も基本的には同じように書いていきますが、文面に本人の名前を入れます(例:この度は長男〇〇長女〇〇が・・・)。
そして最後に日付と両家の父親の名義で締めくくります。
他にも仲人を立てる場合は、(例:〇〇夫妻のご媒酌により・・・)といった文章を、招待するパーティーが会費制であった場合は(例:会費制ではありますが・・・)や、
あまりかしこまった会ではない時に(例:平服にてお越し下さいませ)など、それぞれに合った必要な文章を入れましょう。

基本的には二つ折りにして招待状を作りますので、半分(例:横開きであれば左側)にはこのような文章を入れ、半分(例:横開きであれば右側)には日時や場所、
会費制であれば費用、地図をいれておくのが基本的な作り方です。

そして忘れてはいけないのが、祝辞や余興などを頼む人へのメモを添えることです(例:当日のご祝辞を賜りたくお願い申し上げます)。
また、主賓に関してはなるべく手渡しで、結婚の報告をした上で招待状を渡しましょう。
止む終えず手渡し出来ない場合は、(例:本来ならば直接渡すべきところ申し訳ございません)と添えておくと良いですね。

さらに切手を貼った返信用のハガキを同封し、〇月〇日までに返事をお願いいたします。と書いておきます。
送る相手によっては、着付けや美容の案内、宿泊の要望などを聞いておくと安心です。

気を付けなければならない点がいくつかありますが、自分たちの手で作り失礼のないように素敵な招待状が出来ると良いですね。
二人で作る結婚式の最初の入口ですので、受け取った人が行くことを楽しみに出来るようなものを作れますように。
こちらの結婚披露宴の流れと記念品についてはこちらをご覧ください。