お薦め

披露宴の写真撮影は友人に頼む?プロに依頼する?

披露宴をするにあたり様々な決め事があり、新郎新婦さんは打ち合わせにも大忙しですよね。
また、やりたいことはたくさんあっても費用との兼ね合いもあり、コストを抑えられる部分は抑えたいというのも本音です。

その中でもよく耳にするのが、写真撮影の費用を抑えたいということ。
前撮り写真や当日の写真、DVD撮影の費用が思いの外高いという事実を目の当たりにするカップルも多いはず。
料理のランクを下げたり、ドレスも妥協したくない・・・となると、ここをどうにか抑えられないかと思う人は多いのです。

そうした時に、当日の写真撮影を友人にお願いしたらどうか?プロに頼まなくてもいいのでは?と考えるのも自然な流れかと思います。
が、やはり当日の写真撮影はプロのカメラマンに依頼する方が納得できる仕上がりだと断言できます。
友人に依頼すると、当日ゆっくり料理を食べてもらうことも出来ないので無理を強いてしまうのは言うまでもなく、どうしても偏りが出てしまうのも事実です。
カメラが好きで得意とする友人かもしれませんが、やはり場数を踏んでいるカメラマンにはかないませんし、友人では立ちいれない部分もシャッターを押してもらえるので差は歴然でしょう。
花嫁さんの控え室や、お色直しの写真、会場の外での裏方の顔やアップの写真など、アルバム作ろうとしたときにいい写真を選べず後悔することもあるかもしれません。

また、披露宴を撮り慣れているプロのカメラマンであれば、進行状況も把握していますし、素人では気付かない角度やタイミングも知っています。
それくらいの差が出てしまうことから、やはりそれだけの値段に見合ったいい写真を撮ってくれるというわけですね。
親しい友人にシャッターを押してもらうということは、他人には見せない表情なども撮影出来ることも多く、何よりコストがかからないというメリットもあります。
しかし、一生に一度、撮り直しのきかない披露宴での写真撮影ですから、終わったあとになって後悔しても悔やみきれません。
折角の素敵な披露宴もわだかまりが残ってしまったら悲しいですし、当日の思い出をキレイに残したいと思うのなら、プロのカメラマンに写真撮影してもらうことをおすすめします。