お薦め

披露宴のスピーチは誰にお願いするか?

結婚披露宴では様々な演出がありますが、昔から今も変わらず組み込まれやすいものとして、新郎新婦の紹介や思い出を話すスピーチがあります。
こればかりはプロの方にお願いするというわけにはいきませんので、どう言った人を選出したらいいのか悩むところですね。

一口に友人と言っても、幼少期からの付き合いだったり学生時代を共にした友人や、今現在多くの交流がある会社の同僚など様々です。
自分のことを良く知る友人、一番の親友だと呼べる人が決まっていれば話は早いかもしれませんが、必ずしもその人が大勢の前でマイク片手に堂々とスピーチが出来るかどうかは分かりません。
極度にあがり症だったり、スピーチを苦手とする人の場合、無理にお願いするのも気が引けてしまいます。
しかしながら、「スピーチ平気!任せて!」という人の方がきっと少ないですよね。

結婚披露宴でスピーチをお願いするということは、相手にとっても少なからずプレッシャーや緊張を与えることと思います。
そのようなことを踏まえ、人選するにも慎重に行なう必要がありますのでよく考えて選びましょう。

また自分とのエピソードや、新郎さんとの馴れ初めなどを良く知った友人に頼むとスムーズにいくでしょうし、
「この件にはあまり触れて欲しくない」というようなこともちゃんと打ち合わせして分かってもらう必要がある場合、気のおける頼みやすい友人というのは
自ずと見えてくるのではないでしょうか。
そして基本的には、こういった友人のスピーチは新郎側と新婦側から一人ずつであることが多いので、内容があまり被ることがないように気を付けて人選することも大事です。

また、スピーチを依頼されると、そのことが終わるまではその友人も緊張して食事がなかなか喉を通らないこともあるでしょう。
そういったことも配慮し、いつどこかでサプライズ的に依頼するというのはあまり好ましくないかもしれません。

事前にきちんと会うなり電話で直接お願いをし、披露宴の演出の中でも早めに時間をもうけるなど工夫してあげるのも細やかな配慮の1つではないでしょうか。
披露宴の前日には一言「明日はお願いします」と確認を入れ、終わったあとには感謝の気持ちをきちんと伝え、お互いに良い思い出になるようにしたいものです。

結婚披露宴の引き出物選びについては、こちらがわかりやすいサイトです。ご覧ください。