お薦め

披露宴の会計は信頼のできる身内の人

結婚披露宴では沢山のゲストに来てもらいます。
普段集まらないであろう人数が、新郎新婦の幸せな姿を見るために集まりそれぞれがお祝いのしるしとしてご祝儀を持参して訪れます。
そのご祝儀を渡す場は、披露宴会場の入口に受付が設けてあるのが主流ですが、ここでは受付担当の方々が軽い挨拶と共に芳名帳の記入をお願いし、招待客からのご祝儀も受け取ります。
受付は新郎側と新婦側に分かれていますので、それぞれ招待した数のご祝儀が集められます。

基本的に受付係は新郎新婦の友人であることが多く、ご祝儀は受取るだけです。
その後集まったご祝儀をまとめ、会計係へと責任を持って渡すわけですが、その会計係になるのは主に新郎新婦の身内であることが多いです。
当然、招待客の数だけご祝儀が集まるので大金になりますし、信頼のおける身内が引き受けることが多いのも当然と言えるでしょう。
受付係がその場で会計もするというようなことは手間がかかるだけでなく、招待客に対しても失礼にあたるので、一通り受付が済んだあとにまとめて会計係へと渡すのが一般的でしょう。

また、会計をする身内の中でも母親に頼む人が多いですが、当日の着付けなどで時間がなかったり手があかないような場合は、兄弟に頼むなどしてしっかりと管理してもらいます。
ご祝儀の中身も確認し、誰からいくら貰ったかということをチェックしたあと、新郎新婦へ間違いなく伝えるためにもやはり身内の人に頼むのがベストです。
そして、上にも記したように受付係は友人で会計係は身内というパターンのことが多い為、事前に係を決めたあとは係が誰になったのかということをお互いに話しておく必要があるでしょう。
受付係が受け取ってまとめたご祝儀をその後誰に渡せばよいのか、また受け取る側も責任を持って保管しなければなりませんので、打ち合わせも忘れずにしておきましょう。

補足として、披露宴の費用を誰が持つのかでも違ってきますが、新郎新婦当人が全て支払う場合は、集まったご祝儀は最終的には本人の手に渡ることが多いでしょうし、
それぞれ新郎新婦の両親から援助してもらう場合などはそのまま両親のもとへ渡すのもスムーズですね。

このような理由からも、披露宴の会計は信頼のできる身内から選出するのが良いのです。
めでたい席でのことですから、何かトラブルがあってはいけませんので新郎新婦それぞれが信頼できる方にお任せしましょう。
このサイトでは、結婚披露宴の一番の意味を解説していました。今一度披露宴について考えてみませんか?