お薦め

結婚式・披露宴には誰を呼ぶ?

結婚式や披露宴には誰を呼んでいるのでしょうか?
その人その人によって呼びたい人、呼ばなくてはならない人など事情は様々でしょう。
最近の結婚事情では、どのようにして招待客を選び、招待しているのか調べてみました。

まず、招待する人を選出するにあたり、両家の両親と一緒に話し合いながら招待客を選んでいくというカップルも多いようです。
当人達だけで決めるよりも、ここは結婚の先輩に相談しながら・・・といったところでしょうか。
結婚は二人だけのものではなく、お互い家族や親戚が増えるわけですから、どの辺りまで呼ぶのが妥当か相談するのは良い選択だと言えます。

当然、両家にあまり差があってもいけませんし、今後の結婚の挨拶を考えれば、招待することで挨拶に行くことも省略出来ますし、親族を多く招待することはメリットもあるでしょう。
そういった理由からか、招待客で一番多くを占めるのが親族であるというデータもあります。

また次に気になるのが勤め先の上司や先輩です。
やはり、主賓となり挨拶をしてもらうので、ここは外せません。
上司や先輩をたてる意味でも全く呼ばないという人はいないのではないでしょうか。
常日頃の新郎新婦の活躍ぶりなどを身近で知る上司は、披露宴のスピーチには欠かせない人物です。
日頃お世話になっている上司や先輩には、感謝の気持ちも込めて招待したいものですね。

そして何より、実は気持ちの面で一番来てもらいたい!と思うのは友人関係ですよね。
仲の良い友人達に幸せな姿を見せたいと思うのは当然です。
しかし、親族や会社関係というようにリストアップしていくと意外と人数も増え、友人がそんなに多く呼べないことも多いものです。

友人がすべて近場に住んでいる場合もありますが、遠方から足を運んでもらう場合は交通費や宿泊費なども考えなくてはなりません。
予算によっては難しい場合もあるでしょう。
そういったことも考慮しながら、リストアップしていき、最近の結婚事情ではおおよそ平均して50~70人くらいの招待客が多いようです。

誰を呼ぶかは人それぞれですが、多くは親戚、上司、同僚、友人の順で、あくまでもこういった公の式や披露宴では両家のバランスや形を大事にする傾向があります。
友人によっては二次会から参加してもらうというような配慮も必要かもしれませんね。
自分達のしたいスタイルによっては、こういった事情も変わってくるので、しっかり話し合いながら決めて行きましょう。
一生に一度の晴れ舞台心に残る結婚披露宴にしたいですよね。